34歳が車の運転免許(AT)を取るぜ【教習所日記】4 - アフィリエイトで独立を目指すひろあのLUREA(ルレア)実践記

34歳が車の運転免許(AT)を取るぜ【教習所日記】4

34歳が車の運転免許(AT)を取るぜ【教習所日記】4

というわけで、4回目は、いよいよきた無線教習。

おっさん、1人で怖いよ〜と緊張しておりました。

コースも頭に入れたつもりが、緊張のあまり、忘れがちっていう(笑)

3人同時に行ったんですが、
1人の若いお兄ちゃんは、MT車。

あと、僕と、若い女性がAT車で、僕が2番目を追走。

コース完全に飛んで覚えてませんでしたが、
ついていけばいいというラッキーな展開(笑)

最初は、怖かったですが、徐々に、「運転楽しいなぁ」っていうのと、
1人なので、車体感覚を磨く練習にいいというか、どのタイミングで曲がって、
どういう風に周りを見ればいいのか、自分で考えて乗れたのは良かったです。


でも、若い子はいいですね。

前を走っていた女の子のカーブの綺麗さを見ていると、
自分はかくついてばっかだなぁと苦笑い。


無線教習の専用停車場から行くんですが、
1回だけ、後方確認で怒られました。

僕は行ける、って思ったんですが、
指導員さんからは、うしろ!ストップ、と言われました。


絶対に安全にやらすっていう意志を感じました。


でね、僕の場合、大変だったのはここから、
無事、無線が終わったと思ったら、
受付のお姉さんが笑顔で、「もう1回乗れます?」

とお願いされました。


今、閑散期なので、指導員の手が空いているのだとか。


で、心臓バクバク、疲労感満載のまま、技能教習へ。


スパルタに、容赦なく、坂道発進、S字、クランク、細い道路の出方、交差点、踏切コースを3周させられて、最後、ハンドリングミスりました(笑)


でも、疲れたあとの運転の怖さもわかったので、良かったと思います。

無線教習までは、教習所行くの嫌だったんですが、
ちょっとずつ慣れた感じですね。

路上で走れるんだろうか。


全然、想像できません。

タグキーワード
2017-12-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © アフィリエイトで独立を目指すひろあのLUREA(ルレア)実践記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます