34歳が車の運転免許(AT)を取るぜ【教習所日記】5 - アフィリエイトで独立を目指すひろあのLUREA(ルレア)実践記

34歳が車の運転免許(AT)を取るぜ【教習所日記】5

34歳が車の運転免許(AT)を取るぜ【教習所日記】5です。

さて、ついに!

12コマの技能教習が終わって、
終了検定へのカウントダウンが始まりました!

1つ言わせてくれ!

なぜだ、どうして、判子がスムーズに進むのだ!


安心パックなのだから、落としてもらっていいんだぜ!!


と思っているひろあです。

ストレートで受かる競技ではないですし、
外を安全に走れるかどうか、ですからね。


終了検定は難しいそうで、意外に落ちるんだそうですね。

ま、安心コースなので、そこは開き直っています!


落としたいだけ、落としやがれ!


ただ、ちょっと、仕事しながらはつらくなってきました・・・・


はあ・・・・


じつは、終了検定前の車の乗車も、
いきなり当日に、2回乗れる?と言われて、よくわからんままに、
乗り込んでいきました(笑)

みきわめだったこともよくわかっていない状態でした。

終わって、そういやみきわめだったなぁと、
そういう意味では、どんどん乗せてくれてラッキーだったのかも。


ただ、1時停止を少し勘違いしてしまっていて、
いつも、1時停止は当たり前ですが止まるんですが、
その前の指導員さんに、この位置じゃ、隣見えませんよね?

だから、もうちょっと前に進むんですよ。

って、位置を指示してもらっていたんです。

で、この日、2回目の乗車の時、
僕はそこで止まればいいやって、けっこう行ってしまって、
この見極めの時の指導員さんに、「怖い怖い!止まって!」と言われてしまいました。


で、事情を話して、
「それはね、一度、止まってから、徐々に出ていってもいいってことなんだよ」

と諭されました。


30過ぎてるんだから気づけよ!って感じですが、
いっぱいいっぱいになっていると、そこも、気が付けなかったりするんですよね。


こんな状態で大丈夫なのか・・・・・


不安なまま、終了検定の日を決めてきます!

タグキーワード
2017-12-06 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © アフィリエイトで独立を目指すひろあのLUREA(ルレア)実践記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます