アフィリエイトで独立を目指すひろあのLUREA(ルレア)実践記

ひろあ流ルレア実践記220『自動ペナルティを受けた・・・・』

こんにちは、ひろあ、です。

今日は、グーグルの自動ペナルティを受けたという悲しい話です。

1年以上、自演リンクもつけずにやってきたのに、
気がつけば、200近くまであったアクセスが、
40〜50まで、減少していました。


まあ、でも、やれることは特にないので、
質の低そうな記事の削除と、過去記事の編集をやっています。

いやぁ、自分には関係ないと思っていたのに、
やられてしまいました。


また、再評価されるまで、
長いトンネルを歩くのかと・・・・・


少しくらい気持ちになります。


でも、気がついたこともあります。


儲けることしか考えていなかった記事を、
削除していって、本当に自分が「出し切った」と思える記事だけが残る。


これはこれで、嬉しいことです。


こういう気付きを、与えるのが、
グーグルの自動ペナルティの目的かもしれませんね。


では。

タグキーワード
2017-12-18 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

34歳が車の運転免許(AT)を取るぜ【教習所日記】6

34歳が車の運転免許(AT)を取るぜ【教習所日記】6

ということで、ひろあ、です。

どうも、メインサイトがグーグルの自動ペナルティを受けたようで、
アクセスが激減しております。


ちょっとずつ、サイトのメンテナンスが必要なようです。


ま、焦っても仕方がないし、自動ペナルティから復活すれば、
よりアクセスが集まるのでは??


なんて思っています。

さて、修了検定受けてきました。

結果から言うと、一発で合格!でした。

が、お情けで受かったんじゃないかなぁ・・・・という出来でした。


というのも、一番に検定するのは嫌だなぁって思っていたら、
ばっちり一番の検定じゃないですか!

しかも、後ろに乗るのは、今をトキメク女子大生・・・・(笑)


嘘やろ・・・・

と思いながらも、まあ、じたばたしても仕方ないし、
落ちても、今後、教習所で会わないように気をつけよう(笑)ってことで、出陣!

でも、スタートがよくわからんので、
一応、いきますね、と合図。

指導員の方は、「続けてください」のみ。


検定だからね、仕方ない。

で、順調にこなして、問題のクランクと、S字カーブ、
練習ではミスったことがないのが、逆に嫌で、ミスりそう・・・・と思いながらやってました。


そしたら、クランクでも、S字カーブでも車がガクンってなったんですね。
でも、自分の中では、曲がり切っている自信があったので、そのまま進んだらセーフでした。


どうも、路面というか、道路が古いとガクンってなるみたいですね。


でも、落ちてたのかなあ・・・・よくわからん。


だけど、脱輪したら、指導員さんも気づくだろうし、
そのまま行ったら、即アウトだそうで、
よくわかんないまま、コース完走。

慌てて、右ドアから、荷物出そうとしたら、
右は開けないでって、言ったでしょ!と、荷物の積み下ろしで怒られました(笑)


最後、満面の笑みで女子大生にお疲れさまでした。

と言われてしまいました(苦笑)


で、結果は、合格。

ハンドルの戻しがまだ甘く車体が揺れるのと、
確認がまだあやしいっていう注意を受けました。


ただ、正直、どこをどう走ったか、
あんまり覚えてないんですね、これが。


とにかく、修了検定も無事終わり。

次は第二段階。


はあ、しんどいなぁ。

楽しいけど、しんどい。


もう少し、教習所ライフを楽しみます。

2017-12-14 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

34歳が車の運転免許(AT)を取るぜ【教習所日記】5

34歳が車の運転免許(AT)を取るぜ【教習所日記】5です。

さて、ついに!

12コマの技能教習が終わって、
終了検定へのカウントダウンが始まりました!

1つ言わせてくれ!

なぜだ、どうして、判子がスムーズに進むのだ!


安心パックなのだから、落としてもらっていいんだぜ!!


と思っているひろあです。

ストレートで受かる競技ではないですし、
外を安全に走れるかどうか、ですからね。


終了検定は難しいそうで、意外に落ちるんだそうですね。

ま、安心コースなので、そこは開き直っています!


落としたいだけ、落としやがれ!


ただ、ちょっと、仕事しながらはつらくなってきました・・・・


はあ・・・・


じつは、終了検定前の車の乗車も、
いきなり当日に、2回乗れる?と言われて、よくわからんままに、
乗り込んでいきました(笑)

みきわめだったこともよくわかっていない状態でした。

終わって、そういやみきわめだったなぁと、
そういう意味では、どんどん乗せてくれてラッキーだったのかも。


ただ、1時停止を少し勘違いしてしまっていて、
いつも、1時停止は当たり前ですが止まるんですが、
その前の指導員さんに、この位置じゃ、隣見えませんよね?

だから、もうちょっと前に進むんですよ。

って、位置を指示してもらっていたんです。

で、この日、2回目の乗車の時、
僕はそこで止まればいいやって、けっこう行ってしまって、
この見極めの時の指導員さんに、「怖い怖い!止まって!」と言われてしまいました。


で、事情を話して、
「それはね、一度、止まってから、徐々に出ていってもいいってことなんだよ」

と諭されました。


30過ぎてるんだから気づけよ!って感じですが、
いっぱいいっぱいになっていると、そこも、気が付けなかったりするんですよね。


こんな状態で大丈夫なのか・・・・・


不安なまま、終了検定の日を決めてきます!

タグキーワード
2017-12-06 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

34歳が車の運転免許(AT)を取るぜ【教習所日記】4

34歳が車の運転免許(AT)を取るぜ【教習所日記】4

というわけで、4回目は、いよいよきた無線教習。

おっさん、1人で怖いよ〜と緊張しておりました。

コースも頭に入れたつもりが、緊張のあまり、忘れがちっていう(笑)

3人同時に行ったんですが、
1人の若いお兄ちゃんは、MT車。

あと、僕と、若い女性がAT車で、僕が2番目を追走。

コース完全に飛んで覚えてませんでしたが、
ついていけばいいというラッキーな展開(笑)

最初は、怖かったですが、徐々に、「運転楽しいなぁ」っていうのと、
1人なので、車体感覚を磨く練習にいいというか、どのタイミングで曲がって、
どういう風に周りを見ればいいのか、自分で考えて乗れたのは良かったです。


でも、若い子はいいですね。

前を走っていた女の子のカーブの綺麗さを見ていると、
自分はかくついてばっかだなぁと苦笑い。


無線教習の専用停車場から行くんですが、
1回だけ、後方確認で怒られました。

僕は行ける、って思ったんですが、
指導員さんからは、うしろ!ストップ、と言われました。


絶対に安全にやらすっていう意志を感じました。


でね、僕の場合、大変だったのはここから、
無事、無線が終わったと思ったら、
受付のお姉さんが笑顔で、「もう1回乗れます?」

とお願いされました。


今、閑散期なので、指導員の手が空いているのだとか。


で、心臓バクバク、疲労感満載のまま、技能教習へ。


スパルタに、容赦なく、坂道発進、S字、クランク、細い道路の出方、交差点、踏切コースを3周させられて、最後、ハンドリングミスりました(笑)


でも、疲れたあとの運転の怖さもわかったので、良かったと思います。

無線教習までは、教習所行くの嫌だったんですが、
ちょっとずつ慣れた感じですね。

路上で走れるんだろうか。


全然、想像できません。

タグキーワード
2017-12-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

34歳が車の運転免許(AT)を取るぜ日記3

こんにちは、ひろあ、です。

車ばっかり行っているのに、
アフィリエイト報酬はなぜか伸びているひろあです。


ということで、11月の上旬に入校し、
現在、3週目。

技能が8終わり、
学科も8終わりました。

技能8回とも、違う先生で、
僕は嫌われているんだろうか?という疑問を持ったり、
面倒くさい生徒なんだろうか、などといらぬことを思ったり、
久しぶりにいろいろ緊張しているな、という感じです。


というわけで、技能の8人の指導員の方を、ざーっと紹介してみたいと思います。

30代の男性で、今から、免許取るぜ!ってことで、恥ずかしいなぁとか、
緊張するなぁって人は、参考にしてみてください。

まず、カーシミュレーションから。

これは、複数人同時でやりました。

僕のところは、映像で走ったりせずに、
ただ、足の置き方、ハンドルの回し方を習いましたね。

優しそうな方が担当でしたが、
左足で、ブレーキを何回も押してしまう女性がいて、
「左足やろ!」と急に大声出されたときはびっくりしました。


車の教習所の指導員って怖いんやろなぁって思った感じです。


あまりにできない人がいたので、僕のチェックはほとんどされませんでした。


次は、2人目、初めての車に乗るってことですが、
2コマ連続で入れられたので、シミュレーターして、すぐに実車。

緊張する間もなく、教本を読む間もなく、わけわからんうちに、車です。

2人目の方は、スキンヘッドのベテランさん。

怖そうですが、すごく丁寧にやさしく教えてもらいました。

アクセルペダルとブレーキペダルの置き方とか、めちゃ厳しく言われましたが、
でも、そのあと、「そうそう、いいよ」「いい感じ、いい感じ」とか、
メリハリのある指導がすごく良くて、あっという間の50分でした。

教習所ちょっとおもろいかも、なんて思いました。


で、翌日も2コマ(笑)

今度も、ベテランさん。背が高くて、普通の人って感じですが、
マスクしているので、表情が読み取りづらい。

でも、いろいろ話をするうちに、とてもいい方だとわかりました。


とにかく、車は目的地まで運べればいいんだ!という方で、
目線の置き方、失敗してもいいよ、ドライバーの方も時々ミスってるしね、
という話をいろいろしてもらいました。


ただ・・・・指導方法ってやっぱり、指導員の方、ひとりひとり全然ちゃう!


あと、細かい話ですが、
けっこう困るのが、今回どうでした?前回どうでした?

という質問の答え方が、人によって、微妙に答えてほしい中身が違うことに戸惑いました。


反省をたくさん述べたほうがいい方と、
できるようになったところを述べたほうがいい方と、
これは、8回やって、8回とも、けっこう苦戦したところですね。


4人目は、これまたマスク。
坂道発進を教えてもらいましたが、この方は、煙草のにおいがきつかったですね。


けっこうぶっきらぼうな教え方なんですが、
いろいろ話をふると、いろいろ答えてもらいました。



ここまで来て、
僕も緊張しているんですが、相手も、34のおっさんを相手に、戸惑っているんだとわかりました。


続いて、5回目は、白髪まじりのガタイのいいおっちゃんとともに、バックの練習。
雨が降る中ですが、顔を出しながらの練習。

雨で全然見えませんでした(笑)


後半、お互いだんまりになってしまい、気まずい・・・・

でも、良い方で、この方に無線教習オッケー出してもらいました。

ただ、緊張して、カーブミスったんですけどね・・・・

指導はめっちゃうまくて、ミスったら、次これ意識して、って言われてその通りやると、
その通りできました。


ベテランの指導員の方の凄さを感じました。


次は、優しそうな指導員さん。同じ年齢くらいでしょうか?
S字とクランクをやりました。

事前に、S字とクランクは、どこで曲がればいいか、どこでハンドルを切ればいいかを教えてくれる。

と、嫁とかまわりに言ってもらってたんですが、
僕の場合、コツは教えてもらえませんでした。


もう、半ばやけくそで、
こんくらいで曲がれば当たらへんやろ、って感覚で、
S字とクランクをやると、脱輪せずに、一発で通れました。

逆に、わざと脱輪させて、脱輪から戻す練習をしたくらいです。

年齢も近く、緊張もおさえられたので、
乗りやすかったのが良かったですね。


次は、まさに、指導員って感じの方と、無線教習に向けて、道路の進路変更の仕方を確認。


これが難しい・・・・

ミラー、サイドミラー、指示を出して、後ろ確認。

これができない。


要練習になりました。


自分より年上の指導員の方だと緊張しますが、
できるだけいろいろ話しかけて、こちらが敵意がないことを伝えると、
いい感じに厳しく指導してもらえることにこの辺で気づきますが、これも時と場合によります。


8回目は、僕と同年齢かそれよりも下くらいの指導員さん。


今までの指導員の中で一番細かい。

真面目に指導する!っていう典型の人で、
最初はやりづらいなと思っていました。

でも、ズバズバ言ってくれるので、自分のダメなところがどんどんわかってきて、
アクセルとブレーキの押し方、目線、ハンドルの切り方、本当に、この人に教わってよかったです。

ただ、指導員さんとコミュニケーションをはかるために、雑談をしすぎて、
そこは失敗した感はあります。


もっと、ダメなところ、苦手なところを聞いておくべきだったなと思いました。


勝手に指摘してくれるだろうって思いすぎてしまっていて、
そこは自分の至らないところでした。


もっと、上手く教えてもらわないとなぁって思いましたね。


次回は、無線教習。


緊張するけれど、それも、練習ですし、やっていきたいと思います。


ではでは。

2017-11-24 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © アフィリエイトで独立を目指すひろあのLUREA(ルレア)実践記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます